美容クリニックにいってシミを取り除く施術を受けよう

医者と看護師

医療機関の美白メニュー

鏡を見る中年女性

消す方法

シミ治療にはレーザー、塗り薬、飲み薬などがあります。レーザーは最も簡単なシミ治療と言えます。なぜなら一回で消えるからです。ただし、シミの種類によってはできないこともあります。また、深いシミは何回かレーザーを照射する必要があります。塗り薬による治療には、ハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏が使用されています。ハイドロキノンにはできてしまったシミを漂白する効果があります。トレチノインには漂白効果とともに、ターンオーバーを早めてシワをなくす効果もあります。飲み薬にはトラネキサム酸が使われています。トラネキサム酸は、肝斑に有効な内服薬です。肝斑はレーザー治療ができませんので、ほとんどの場合内服薬で治療が行われます。

塗り薬の効果

ハイドロキノン軟骨やトレチノイン軟膏は、美容皮膚科クリニックで処方してもらうことができます。使い方は、まず洗顔した後化粧水などをつけない状態で30分くらいおき、しっかり乾かしてからハイドロキノンを患部に塗布します。その後トレチノインを上から塗ります。ハイドロキノンとトレチノインを使うときには、シミからはみ出さないように塗ることが大切です。はみ出してしまうと境目が白くなり、シミが浮き出て見えてしまいます。毎日1日一回塗ると、ターンオーバーが早まり、皮がむけてきます。皮がむけるたびに、シミが薄くなっていっています。とても強力な漂白効果があるので、使う場合は医師の指示のもと注意深く使う必要があります。